かずのすけ氏から学ぶ学校教育の正しい使い方!

日焼けについて調べていました。

すると、検索キーワードの中で「日焼け止め かずのすけ」という気になるキーワードを見つけました。 「はて?なんじゃこりゃ?」 と思いました。 何かそういうブランドがあんのかと思いましたが、普通に人物名だったんですね。

で、誰なんだこの人はと調べたところ、「美容を教える化学の先生」だそうです。

では、どんな人だったのか見てみましょう。

かずのすけ氏とは!?

勝手に人の顔を載せるのはちょっとアレなのでこの記事では載せませんが、イケメンです!

→かずのすけ氏のアメブロ

1990年生まれの方です。

横浜国立大学の学院卒です。

専門分野は有機生物化学、洗浄化学、界面活性剤などを研究されていたそうです。

2013年の秋からアメブロを拠点に個人活動を行い始め、コツコツブログ更新をしていった結果、過去には月間470万アクセスを記録したそうです!

はっきり言います。美容の専門ブログで470万アクセスってマジでやばいですよ?アフィリエイトやっている方ならこのヤバさが分かるはずです・・・・!!!だって死ぬほど需要があるジャンルですからね?

そこでの成功を経て、彼は

  • HP運営
  • 執筆活動
  • セミナー講師
  • 企業の商品開発のコンサルタント
  • 化粧品のプロデュース
  • 雑誌への記事掲載協力

などなど、多岐にわたって活動をしています。

オリジナルの化粧品も販売しています。

そりゃあ俺が日焼けを検索した時に「日焼け止め かずのすけ」とか検索結果に出るわけだわwまぁ、日焼けを検索するまで俺は知らなかったけれど、こういう事がきっかけで彼を知る事になったんだからすごい。

はっきり言って、美容というジャンルは絶対に廃(すた)れる事はない。その分野で成功を収めるという事は、もうイヤでもお金が稼げるという事です!よほど何か事件やスキャンダルなどを起こさない限りは失脚する事は無いでしょう。

かずのすけ氏から学んだ事

何がすごいって、学校で学んだ事を個人の活動に落とし込み、成功まで持っていった事です!

はっきり言って彼の活動を見た時、「うぉーー!やり手やこの人!!」って思いました。僕は大学すら出ておらず、最終学歴は料理の専門学校でした。しかも真面目にやってなかったですw

はっきり言って、学校で学んだ事なんて社会に出たらほとんど役に立たない事が大半です。

でも、かずのすけ氏は結果として

美容という世間的に分かりやすく需要のあるジャンルを専門的に学び、それを自分のブログでアウトプットしてアクセスを爆発的に稼ぎ、個人としての名を挙げ、そこからブログ以外にも様々な活動を起こす形になっている。

という大変素晴らしい功績を残しています!

かずのすけ氏が最初から「俺は美容のジャンルで一山当てるんや!」という気持ちでやっていたかどうかはわかりません。恐らくは、本当に美容のジャンルが好きで、好きの延長線上でブログ等をやっていたら、それが世間にも評価されて認知度を高めたという流れなんじゃないかなと思いますが。

(あくまで憶測)

よく「ブランディング」という言葉があると思います。

会社に頼らず自力でお金を稼ぐためにはこの「ブランディング」という要素はゼッッッッッッッタイに必要です。

先程も述べたように、学校で学んだ事の大半なんて社会に出ても役立たない事がほとんど。しかしかずのすけ氏は大学で学んだ事をブランディングに最大限に活かす事で成功を収めています!!国立大学なんで学費はほとんどかかってないでしょうが、私立大学だったとしても、学費なんて余裕でペイできるほど今は稼いでいるでしょうね!

結論

俺に子供が出来たら、学校に行かせるのであれば絶対にこういう風にさせたいなと思いました。

何か一つの分野に特化させ、その業界にその人ありと思われるくらいになれば、個人でも活動できますから。なので、学校に行かせるにしても「有名大学が〜」とかじゃなくても、専門学校とかでもいいと思うんです。

まぁでも、なるべく人が聞いて「あ〜アレね!」と分かるような教育機関には入れたいですけどね。早稲田慶応東大とかじゃなくても。料理の専門学校なら辻とかかな?

そんなワケで、なるべく子供の好みに嗜好をあわせつつ、それを最大限に活かして活躍出来る形は取りたいなと思いました。今はブログやSNSなど、個人を活かせる場は沢山ありますからね!

あー、そんな意識を持って今からタイムマシンに乗って中学生くらいでいいから戻りたいww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です